レクリエーション介護士|仕事の魅力とは?

新しい仕事のスタイルを確立している資格のひとつに、レクリエーション介護士という資格制度があります。

 

介護にレクリエーションを取り入れて、被介護者に生きていくための喜びを提供していこうという趣旨で、このレクリエーション介護士という資格が誕生しました。

 

では、レクリエーション介護士という資格の持つ魅力とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

今回は、レクリエーション介護士という仕事の魅力的な部分について解説します。

 

コミュニケーションを取ることの楽しさを学べる!

レクリエーション介護士のメインのお仕事は、レクリエーション介護です。

 

楽しく介護するために、介護を受ける方の趣味嗜好を考えて、レクリエーションを組み立てます。

 

そして、実際にレクリエーションプログラムを実行するわけですが、実行に至るまでには多くのコミュニケーションが発生します。

 

また、介護をしている時にも、コミュニーケーションを取りながらレクリエーションを実施することになります。

 

喜ばせることをメインで行うので、レクリエーション介護=人の笑顔を多く見ることができます。

 

よって、コミュニーケーションを取ることの楽しさを得ることができます。

 

これが、レクリエーション介護士の最大の魅力ともいえますね。

 

自分自身も楽しく介護できる!

レクリエーション介護士のお仕事は、被介護者の方に楽しんでもらうのが大前提です。

 

ただ、介護を行う方も実は楽しめる仕事であります。

 

レクリエーションが仕事となるので、楽しく仕事をすすめることができるのが魅力的に感じる方も多いです。

 

また、自分でプログラムを組み立てて、それを実行して楽しみを与える仕事となりますので、ひとつのプロジェクトをやり遂げた感覚を味わえるんです。

 

これは、仕事の喜びをえる瞬間でもあるので、社会人として一人前になったと言っても過言ではないですよね!