レクリエーション介護士|通信教育で資格を取得するには?

在宅試験を受けられる通信教育が便利

日本アクティブコミュニティ協会が認定している通信教育を選べば、最後の課題がそのまま検定試験になっています。

 

在宅試験という形式なので、最短ルートでレクリエーション介護士の資格を取得できるのです。試験までパッケージ化されているので、課題提出の切手代などを除いて、受講費用だけで済みます。

 

レクリエーション介護士2級の通信教育は、受講手続きを完了させれば、自宅まで教材一式がまとめて届けられます。

 

上級資格である1級は、協会による研修の受講などが含まれますが、2級では座学だけで資格取得まで辿り着けるのです。

 

事情があって自宅を長時間離れられない方でも、マイペースに資格取得ができます。

 

資格予備校が通信教育を提供している

主催している日本アクティブコミュニティ協会だけでは、日本全国にスピーディに教材を届ける体制はありません。

 

しかし、資格予備校と提携しており、認定講座という外部委託をしているのです。そのおかげで、大手のネットワーク等を利用して、日本国内のどこに住んでいても受講できます。

 

協会の公認成講座かどうかは、講座の説明ページに記載されています。在宅受験ができる通信教育でないと、せっかく受講しても別途セミナーを受ける羽目になってしまうので要注意です。

 

通信教育の申込みは、各予備校の制度に従うことになります。大手の予備校には、多彩な支払い方法といった、色々なサポート体制があります。

 

任意に受講できるのが大きなメリット

通信教育は、自分が受験する試験日から逆算して、学習計画を立てなくてはいけません。

 

けれども、レクリエーション介護士の通信教育では、原則的に在宅受験になるので、任意に受講できるメリットがあります。

 

通信教育には学習期間が設けられており、その期間を過ぎてしまうと、課題の添削などが受けられなくなります。

 

したがって、その有効期間内にカリキュラムを全て消化することが、受講する際の必要条件です。

 

その通信教育のボリュームによって学習期間は異なっており、校舎で生講義を受ける期間より多めに設定されています。

 

学習スピードが遅い方でも、少しずつ進めていけば完了できる程度の時間はあるのが一般的です。