レクリエーション介護士|需要はどれくらいある?

国家資格ではないものの、最近注目が集まっている資格としてレクリエーション介護士と言う資格があります。

 

この資格は、介護の実務の中に娯楽(レクリエーション)の要素を取り入れて、とかく苦しくて大変なイメージのある介護を楽しく受けようというコンセプトの元で誕生しています。

 

レクリエーション介護士の資格はまだ2014年に誕生したばかりの資格になりますが、既に注目の集まっているものになります。

 

いち早く、ユーキャンが資格認定講座を開設していることからも、その期待度が伺えます。

 

では、このレクリエーション介護士という資格は世間的にどのような需要があるのでしょうか?

 

レクリエーション介護士の需要は?

レクリエーション介護士を取得されている方の需要としては、今の段階では決して高くないのが実情です。

 

求人情報を見ても、レクリエーション介護士の取得を求人の要件にしている事業所は殆ど見られません。

 

それは、まだレクリエーション介護士の知名度が低い事と、レクリエーション介護に関する理解度の低さに起因しているものと思われます。

 

楽しく介護を受けることができれば良い、と誰もが思っているはずですが、介護職の人材不足が続いている状況でそこまで余裕がある事業所は少ないのが実体です。

 

今後の見通しは?

まだ知名度が低く、需要もあまり高くないレクリエーション介護士とう資格ですが、この後の流れとして上級クラスのレクリエーション介護士一級が制定されます。

 

より高度なレクリエーション介護をできる人材を育成するための資格制定となります。

 

元々は介護現場からのニーズにより、レクリエーション介護士が誕生した経緯があるので、知名度の更なるアップと共に需要も高まることが期待されます。

 

更に、介護を受ける側の口コミにより、この資格が広まることも期待されているので、前途は非常に明るいものであると言えますね。