レクリエーション介護士2級の難易度はどれくらい?

マークシートで約60%の正答率が必要

レクリエーション介護士2級は、マークシート方式の試験で60%程度の正解が必要です。

 

しかし、一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会から認定された講座であれば、最後の試験形式の課題がそのまま試験となります。

 

期間内であれば再チャレンジが可能で、気負わずに試験に臨める構造です。

 

教養講座のようなセミナーでは、不合格になった場合、改めて試験を受け直す必要があります。

 

記述試験がないことから、ある程度の知識を身につけるだけで正答を導き出せます。

 

指定講座であれば何回でも再受験できる為、難易度としては簡単な部類に入ります。試験が苦手な方でも、コツコツと勉強すれば十分に可能性があるのです。

 

社会人として働きながら合格しやすい資格

初心者向けの入門資格である関係上、通信教育との相性が抜群です。朝の出勤前や、電車待ちの隙間時間で勉強できるから、社会人として働きながら合格しやすい資格と言えます。

 

介護業界のレクリエーションを学べば、家庭内の要介護者の機能回復から、地域のボランティアまで様々な場面で活躍できます。

 

純粋な介護資格では、法令の遵守から適切な介護の手順まで、みっちり学ぶ必要があります。

 

けれども、レクリエーション介護士2級は、高齢者を集めて無理なく運動させることが主眼であり、そこまでの学習は求められません。

 

合格すれば履歴書の資格欄に記載できるので、介護業界に入るキッカケとしても有効です。

 

受験資格なしだから頑張るだけで大丈夫

レクリエーション介護士2級に受験資格がないのは、一人でも多くの方にレクリエーション技術を身につけて欲しいからです。

 

希望者が気軽に学べる教養、あるいは、会社の研修という位置づけで、合格水準まで高める為の養成講座とセットで運営されています。

 

これまで学校の試験で良い思い出がなかった方でも、通信教育などで頑張るだけで大丈夫です。難しい理屈はなく、高齢者でも可能な運動の理解と、その実践の流れを覚えるだけで完了します。

 

介護業界で働いている方にとっては、日常業務の一環であるレクリエーションを効率化できるチャンスです。

 

スマートに資格取得を果たせば、早く現場で覚えた内容を実践できます。