レクリエーション介護士に向いている人とは?

今まで、どちらかと言うと暗いイメージのあった介護ですが、最近は明るい介護を目指して様々な改善が取られています。

 

その最たるものが、レクリエーション介護士という資格の誕生です。

 

2014年に誕生したての資格でありますが、早くも話題沸騰している資格になります。

 

ただ、まだまだ知名度としては決して高い資格では無いのが実情で、その職務等を知らない方が多数いらっしゃいます。

 

レクリエーション介護士の資格要件はなく、誰でも取得できる資格であるのですが、実際にレクリエーション介護士とての適性がある人とはどのような人になるのでしょうか?

 

レクリエーションに精通している人!

レクリエーション介護士の主な職務は、介護へのレクリエーションの取り込みと実施の計画〜実行がメインとなります。

 

よって、レクリエーションに精通している方が最もこの職務をする上での重視されるポイントとなります。

 

ただ単にレクリエーションの知識があっても、それを介護と如何にリンクさせることができるかも問われています。

 

コミュニケーションを取るのが得意な人!

介護でもレクリエーションでも、コミュニケーション能力がないとうまく仕事ができません。

 

若い人でも、自分の祖父母と同じ年齢の方と一緒にレクリエーションをするというのはかなりの難易度です。

 

そこで重要なのがコミュニケーション能力です。

 

如何に年齢を離れた方とでもうまく会話できるかがポイントとなります。

 

また、緊急時に如何に早急に対応できるかのポイントとしても、普段からのコミュニケーションが重要になります。

 

人の事を思いやれる人!

レクリエーション介護の目標は、介護を受ける方に喜びを与える事にあります。

 

よって、レクリエーション介護士はサービス職であるといえ、被介護者を優先として仕事をしていくことになります。

 

人のことを思いやれる心を持った人にとっては、最適な職業といえますね!

 

少し語弊があるかも知れませんが、おせっかいが好きな方も適しています。