最短でレクリエーション介護士の資格を取得するには?

協会が公認している通学講座を受講する

最短でレクリエーション介護士の資格を取得するには、日本アクティブコミュニティ協会が公認している通学講座を受講するのが一番です。

 

2日程度の座学を行い、最後に試験を実施する形式だから、自分で勉強できない方でも合格水準まで引き上げられます。

 

教材一式だけの通信講座より割高になってしまいますが、要点だけ教えてもらえるから時間を節約できます。

 

試験は消去法で正解できるタイプゆえ、試験で合格点を取るのはさほど難しいことではありません。

 

週休2日の仕事をしている方には、通学講座の受講も選択肢に入ります。ただし、まとまった休みが取れない場合などには、あまり向いていません。

 

在宅受験ができる通信講座で短期集中

自分のペースで進められる通信講座で、在宅試験まで短期集中する方法もあります。

 

試験勉強になれている方であれば、丸一日もあれば一通り勉強できる分量です。休日を確保して、手元に教材一式があれば、あとは自分のやる気次第となります。

 

テキストはせいぜい3冊程度なので、まず全体を流し読みして、試験に出そうな部分だけチェックするぐらいで完了します。マークシート方式の試験で、なおかつ、期間内には何度でも再提出できるから、それほど気負わずに取り組めて安心です。

 

忙しい社会人であっても、この方法なら時間もお金もかかりません。レクリエーション介護士の資格取得は、やはり通信講座が向いています。

 

無理なく毎日の空き時間で勉強を進める

長時間の勉強はできない方にとっては、毎日の空き時間で少しずつ勉強を進めるのが最短です。自分を追い込んで勉強しても、時間のわりには頭に入らず、逆に苦手意識ができてしまいます。

 

それよりは、1日30分であっても、きちんと継続して勉強した方が賢明です。

 

学ぶ内容は高齢者向けのレクリエーションだから、難しい理屈はいりません。

 

とにかく、決まった時間帯になったら、やる気が出なくても机に向かい、テキストやノートを開く習慣をつけましょう。最初は億劫に感じられても、続けていくうちに頭が適応していきます。

 

要点が分かりやすい通信講座の教材を選んで、最小限の負担で合格してみましょう。