レクリエーション介護士|将来性はどうなの?

多くの介護現場での声から誕生したと言っても良い、レクリエーション介護士ですが、誕生したのが2014年とまだ出来て間もない資格です。

 

まだ運用方法も固まっていない見切り発車感が強く、せっかくレクリエーション介護士の資格を取得したのに、何も活用できないという問題点が浮上しています。

 

では、レクリエーション介護士の将来性という観点で見た時に、どのように推移していくのでしょうか?

 

現状はどうなの?

まずはじめに、レクリエーション介護士の現状について説明します。

 

先に紹介したとおり、制定されたばかりの資格であるので、まだ知名度が低いというのが実情です。

 

求人の要件を見ても、他の介護系の国家資格を項目として入れている事業所は多いですが、レクリエーション介護士を要件に入れているところはほとんどありません。

 

よって、結論としてはレクリエーション介護士を活かす場所はまだまだ少ないということがいえます。

 

需要はあるの?

レクリエーション介護士は介護現場からのニーズにより誕生しています。

 

よって、需要としては確実にあるはずなのですが、求人面ではその情報は見えてきません。

 

レクリエーション介護という考え自体がまだ浸透していないのと、実際にレクリエーション介護を実践するだけの事業所としての体力が無いことが原因であると考えます。

 

ただでさえ人手不足なのに、そこまで手が回らない…という認識なのでしょう。

 

残念ですが、これが日本の介護現場の実態なのです。

 

将来性はどうなの?

現状では決して良い見通しが立っていないレクリエーション介護士ですが、レクリエーション介護というコンセプトは確実に定着しつつあります。

 

また、現状の問題点である資格自体の不整備も、2016年にレクリエーション介護士1級の資格が本格的にスタートすれば、解消されるものと考えられています。

 

この辺りがうまく回りだせば、レクリエーション介護士の前途は明るい!といえます。