レクリエーション介護士の求人状況はどう?

近年の高齢化社会の到来で、介護系の求人はとても多くあります。

 

需要の高いジャンルであるのですが、特に資格を取得している方を欲している状況となっています。

 

そんな中で、2014年に登場したレクリエーション介護士という資格があります。

 

レクリエーションに主眼をおいて、介護者に生きる楽しみを与える重要な役割を果たすことが求められるレクリエーション介護士ですが、果たして求人状況はどのようになっているのでしょうか?

 

資格を持っていると就職に有利か?

レクリエーション介護士は、民間会社が制定した資格であり、国家資格ではありません。

 

また、介護に関する他の資格と違い、事業所で必ずレクリエーション介護士の資格を取得した方がいなければならないという事もありません。

 

よって、レクリエーション介護士を取得しているからといって、就職面で優位に立てる要素は非常に少ないです。

 

逆に、全く介護の経験がなくレクリエーション介護士だけ資格を取得されている方にとっては、ほとんど意味を成さないといっても過言ではありません。

 

資格が就職で有利ではない理由は?

レクリエーション介護士の資格が求人では重視されていない理由は、資格の知名度の低さにあると見ています。

 

制度が始まってまだ1年弱で、メディアでは多く取り上げられているのですが、実際の介護現場ではまだまだ無名に等しい状況です。

 

資格取得していればありがたいけど・・・というレベルでしか無いのです。

 

もう少し、現場での理解が進んで資格自体の知名度がアップすれば、レクリエーション介護士の資格が活きてくる可能性は十分考えられます。

 

また、知名度と同時に制度自体の未熟さがあります。

 

レクリエーション介護士1級の資格は、認定基準は決まっているものの、実際の認定は2016年よりスタートすることがアナウンスされています。

 

この点がしっかりと固まってくれば、資格としての魅力は更に上がってきて、求人要項にも入ってくることでしょう。