レクリエーション介護士2級の資格を取得するには?

介護業界のレクリエーション需要の増加

介護業界では、高齢者の運動機能の維持が大きな課題になっています。

 

自分の体が動かなくなってくる年齢とはいえど、できるだけ自分のことを自分で行うのが望ましい形です。

 

そのため、レクリエーションによる身体機能の向上が、近年になって注目されています。

 

レクリエーション介護士2級は、そのレクリエーションのプロであり、高齢者でも可能な運動の説明などを行います。

 

一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会が、2014年に新設した資格です。

 

介護の現場で出てきた要望をフィードバックした内容である為、資格取得の受験勉強を通して、正しいレクリエーション知識が体系的に身につきます。

 

指定講座の修了か試験合格によって取得

介護の技術向上を目的とした資格だから、誰でも取得を目指せる仕組みです。

 

民間の指定講座の修了か、セミナー受講後の試験に合格することで、レクリエーション介護士2級を取得できます。

 

指定講座については、最後の課題まで在宅でこなすだけで合格するケースもあります。

 

受験資格は特にないので、所定の手続きをすれば誰でも受験可能です。

 

介護の技術研修の意味合いが強く、指定講座の最終課題であれば、原則的に期間内に何度でも再提出できます。

 

合格するまで無理なくチャレンジできるのが、レクリエーション介護士2級の特徴です。

 

在宅受験が可能な指定講座を選ぶことで、在宅のまま合格できる資格となります。

 

レクリエーション介護士2級は初心者向け

まだ介護知識が全くない方でも、きちんと勉強することでレクリエーション介護士2級に合格できます。

 

初心者向けの問題となっているから、介護の基礎知識を習得しつつ、レクリエーションの意味を理解できるのです。

 

すでに介護の現場で働いている方であっても、これまで手つかずであったレクリエーションスキルを向上させられます。

 

新人であってもレクの担当になるケースが多く、先回りして準備しておくことは有効です。

 

忙しい現場では、先輩や上司に一から教えてもらうのは難しいので、自分で勉強しておくことをお勧めします。

 

これから介護業界に入りたい方や、ボランティアをしたい方にも向いている資格です。