最安でレクリエーション介護士の資格を取得するには?

何度でも受験できる通信講座がお勧め

レクリエーション介護士の認定講座であれば、最後の課題がそのまま試験になっています。

 

したがって、在宅受験で落ち着いて受けられる上に、その講座の期間内であれば切手代ぐらいで再受験可能です。試験会場までの交通費などを節約できるので、講座の受講費用と合わせても最安になります。

 

通学講座でもそれほど料金はかかりませんが、講師の人件費等が上乗せされるので、どうしても通信講座より高くなってしまいます。

 

さらに、2級の試験では実技は含まれない為、テキスト中心に学習する通信講座で合格ラインまで辿り着けるのです。

 

余分なお金をかけない為にも、リーズナブルな通信講座を選択しましょう。

 

指定講座と試験はセットで扱われている

介護の現場で役立つスキルという認識だから、指定講座と試験はセットになっています。

 

試験だけ受けて、手っ取り早く合格するという選択はできません。より多くの方に合格してもらう意味でマークシートにしていますが、だからといって適当に選んで合格されても困るというわけです。

 

指定講座で重要な項目を学んでもらって、その確認として試験を行う流れとなっています。ただテキストを読むだけでは、記憶として定着しない恐れがあるので、あえてこういった形式にしているのです。

 

日本アクティブコミュニティ協会も、受講生に負担をかけないことを意識しており、数万円程度の費用で取得できる構造です。

 

学習時間と自分の負担もコストのうち

お金が安く済んでも、学習時間と自分の負担が大きくなっては意味がありません。

 

特に、多忙な社会人にとっては、貴重なプライベートの時間を割かなければならず、少しでも短時間で完了させたいところです。何度も受験費用を払う羽目になっても、やはりムダな出費が増えてしまいます。

 

安いだけではなく、一発合格ができるカリキュラムがある養成講座を選択するべきです。理解しやすいオリジナルテキストがあれば、自分の負担を最小限にしつつ、スマートに学習を進められます。

 

レクリエーション介護士の資格取得から、介護業界へ入るなどの次の目標へ向かっていくので、なるべく時間をかけずに済むことも重要です。