レクリエーション介護士|資格の取得費用はどれくらい?

持っておくと今後有利に働くレクリエーション介護士の資格ですが、勿論無料で取得できる資格ではありません。

 

一定の講義や勉強を受けて、修了試験に合格することで晴れてレクリエーション介護士の資格を取得できますが、それなりの費用が発生してしまいます。

 

果たして、レクリエーション介護士の資格取得についてどの程度費用がかかるものなのでしょうか?

 

今回は、費用面から見た時のレクリエーション介護士の取得メリットについて紹介します。

 

レクリエーション介護士の取得方法は3種類

レクリエーション介護士の資格を取得するためには、通学研修、通信研修、団体教育のうちどれかを選択して取得を目指します。

 

それぞれにメリットもデメリットもあるのですが、自宅でじっくり学習したい場合は通信教育で、短期集中で取得したい場合は通学教育か団体研修がオススメできます。

 

通学講座の費用は?

通学研修の場合は、最寄りの学校か主催者によっては貸し会議室等で研修を実施します。

 

開催場所までは当然自分で交通費は負担しなければなりません。

 

時間的には、概ね12時間の研修を受ける必要があります。

 

費用面では、35,000円?40,000円が相場となっています。

 

短期間で取得したい方には持ってこいの取得方法といえますね。

 

通信教育の費用は?

通信教育の場合は、主にユーキャンが主催して受講できます。

 

ユーキャンのケースですと、約3ヶ月の自宅学習と試験を合格することで取得できます。

 

費用はテキスト・DVDや添削課題の送料込みで35,000円となっています。

 

意外と価格面では安いものですね!

 

団体研修の費用は?

団体研修は、介護系の事業所に依頼を受けた認定講師が、事業所の現地に出張して開催されます。

 

個人で頼むわけではなく、事業所が主催となって実施されますので、個人での費用負担は不要か非常に安価な費用で受講することができます。

 

お得に取得するのであれば、団体研修が最もオトクな方法と言えます!