レクリエーション介護士|資格を取得するメリットとは?

介護に対する姿勢を客観的に示せる

資格取得は、スキルを身につけることと、周囲に自分の意思を示すことの2つが目的です。

 

具体的な目標があるから勉強しやすく、短期間で正確な知識を得られるメリットはとても魅力的です。

 

レクリエーション介護士については、介護に対する姿勢を客観的に示せるメリットが大きいです。入門用の資格だけあって比較的簡単であり、実務スキルの証明としてはあまり期待できません。

 

それよりも、採用担当者に対して、本気で介護に取り組みたいという意思表示ができる点に注目しましょう。

 

思い込みだけでいきなり介護業界へ転職するのではなく、この資格をキッカケにして、実際の現場を段階的に理解していくことをお勧めします。

 

レクリエーションと高齢者の関係が分かる

一般的なレクリエーションは、ストレス解消も兼ねたイベント全体を指しており、若者向けの野外オリエンテーションなども対象になります。

 

でも、高齢者はもう体力がなく、通常ならば意識せずに行えるベッドからの起床ですら、時間がかかるのです。

 

高齢者に合ったレクリエーションは、レクリエーション介護士のカリキュラムにまとめられています。現役の介護職員なら、ある程度の見当はつきますが、部外者にとってはイメージすらできません。

 

資格取得を通して、効率良く知識を得ることで、その関係性がよく分かります。

 

独学では誤った知識を身につけてしまう恐れがあるので、信頼性が高い資格にするべきです。

 

介護を真剣に考える機会を得られる

介護はハードな肉体労働であり、社会的には必要であるものの、行政面では福祉予算との兼ね合いもあります。

 

その介護を真剣に考える機会を得られるので、レクリエーション介護士にチャレンジするだけでも有意義です。

 

早いうちに介護を考えれば、親族や自分の介護について準備をする時間ができます。いずれは直面する問題である以上、早ければ早いほど老後が有利になるのです。

 

いきなり介護に転職するのはハードルが高いですが、レクリエーション介護士の資格取得だけなら大きな負担にはなりません。

 

核家族が増えた現代社会では、高齢者に触れる機会が激減しました。資格取得に伴う勉強は、高齢者に対する考え方を深くしてくれます。