レクリエーション介護士|試験にはどんな問題が出題される?

介護レクリエーションの意義と内容

初心者向けの資格である為、介護レクリエーションへの理解を問う内容になっています。常識で分かる範囲もありますが、正しい表現をしているかどうかの判断が必要です。

 

それほど意地が悪い引っかけ問題はありませんが、テキストをよく読み込んでおく必要があります。

 

完全にテキストの文章を覚えなくても、回答文を見ることで判断できれば十分です。介護レクリエーションを理解してもらうことがこの資格の目的だから、テキストにおいても大きな割合を占めています。

 

養成講座で使用されるテキストはイラストが豊富なので、空き時間に読むだけでも効果があります。むしろ、何度も繰り返し読むことで、記憶として定着します。

 

具体的なレクリエーションの種類

 

資格の名称にレクリエーションという単語が入っているだけあって、具体的なレクリエーションなども出題されます。

 

もっとも、レクリエーション介護士の試験は、養成講座でレクチャーされた内容をちゃんと聞いていたかどうかの確認です。

 

通学講座では長時間の講義になるので、どうしても集中力が切れてしまいがちですが、何とか頑張りましょう。

 

レクリエーションの種類を理解しておけば、現場でも色々な提案ができます。これまで数パターンを順番にやっていただけなら、資格取得後に新しい企画を出してみるのもお勧めです。

 

別に地方公務員試験の論文ではないので、レクリエーション介護士として適切な回答を選ぶだけで済みます。

 

テキストを読めば正解できる問題が中心

レクリエーション介護士の資格は、間違いのないレクリエーションができる人材の育成がメインとなっています。

 

そのため、分かりやすいテキストによる講義と、最低限の知識が身についたことの確認テストを実施しているのです。一定基準を超えれば全員が合格する試験だから、和気藹々と勉強できます。

 

試験ということで身構えすぎず、これから自分の活躍の場が広がるぐらいに考えるべきです。テキストを読んで、しっかり講師の話を聞いていれば、誰にでも合格できる可能性があります。

 

通学講座では再試験に費用が上乗せされるケースもありますが、自分自身で復習しておけば、再試験でだいたい合格できます。