介護関連の資格にはどんなものがある?

レクリエーション介護士が介護系の資格としてラインナップに加わっていますが、他にも数多くの介護系の資格があります。

 

中には、持っているだけで非常に役に立つ資格も多いわけですが、今回は介護関連の資格にはどのようなものがあるのかを紹介していきます。

 

必須ともいうべき資格とは?

介護系のお仕事をしていく中で、必須ともいうべき資格があります。

 

それが、ホームヘルパーの資格です。

 

まずは、ホームヘルパー2級の資格を取得する必要がありますが、これは最短で1ヶ月程度で取得できますので、比較的手軽な資格です。

 

ただ、キャリアアップのためには非常に重要となる資格でもあります。

 

その後、介護の現場で3年以上の経験を積み、実務者研修を受けることでホームヘルパー1級の資格を取得できます。

 

これは、次のステップとなる介護福祉士になるための要件にもなります。

 

次に、介護のプロとも言える介護福祉士の資格があります。

 

この資格は誰でも取得できる資格ではなく、受験資格も厳しくなってきている傾向にあります。

 

取得できれば、介護系の業界では間違いなく役に立ちます。

 

更に上級資格として、ケアマネジャーがあります。

 

これは、介護福祉士の経験が5年以上ないと取得できない資格で、資格試験の合格率も20%とも言われているので、長年の経験を持つベテランの方が取得する資格になります。

 

持っておくと良い資格は?

その他で、介護系で持っておくと便利な資格を紹介します。

 

介護事務は、介護系のお仕事において、事務系のデスクワークを行うことができる資格となります。

 

介護系の仕事をしたいけど、体力に自信がない…そんな方に最適な資格であります。

 

また、取得までの期間が非常に短く、通信講座だけで取得できるのも魅力的です。

 

社会福祉士という資格は、いわゆるソーシャルワーカーとして働ける資格です。

 

非常に難易度が高石角として知られていて、合格率は20%程度と言われています。

 

もし取得できれば、かなりの自慢になりますね!