レクリエーション介護士|給料はどれくらい?

仕事の内容がハードであることで知られている介護士ですが、その給料は決して高くないことで知られています。

 

割が合わないというイメージが強い介護職ですが、少しでも他人と違いがあれば給料アップの可能性も出てきます。

 

では、レクリエーション介護士の資格を持っていると、給料という面ではは一体どの程度有利なのでしょうか?

 

今回は、レクリエーション介護士の給料について紹介していきます。

 

レクリエーション介護士の給料水準は?

レクリエーション介護士は、2014年に制定されたばかりの資格制度です。

 

また、国家資格ではなく民間資格ですので、知名度としてはまだまだ低いのが実情です。

 

更に、日々の介護でいっぱいいっぱいで、レクリエーション介護がまだ視野にも入っていない事業所も多いので、レクリエーション介護士を持っているからといっても給料面で有利になるというケースは多くありません。

 

事業所によっては、レクリエーション介護士取得者には一定の手当を付与するケースもありますが、微々たるものであるのは想像に難くありません。

 

現状だけで言えば、資格取得のために費用を費やしてまで取得すべき資格か?と言われれば疑問符がつきます。

 

資格取得は無駄なのか?

給料面で見た場合、レクリエーション介護士の資格取得は一見無駄のように見えますが、これはまだレクリエーション介護士の制度の整備が完全でないためにそう見えるだけといえます。

 

しっかりと資格制度が整備され、知名度が上がり更にニーズが増えれば、確実に給料という面で魅力がアップするのは間違いありません。

 

また、上級クラスのレクリエーション介護士1級の地位が向上することで、更に資格としての魅力が上がることでしょう。

 

今は決して給料面で有利と言えないレクリエーション介護士という資格ですが、確実に需要がありますので、今のうちに取得しておけば将来的に優位に立てる資格であるといえますね。