レクリエーション介護士|どんなスキルが求められる?

誰でも取得できて合格率も高い資格であるレクリエーション介護士ですが、実は求められるスキルは高いものがあります。

 

座学だけでは伝わりにくい、ノウハウが必須な仕事を担当することになりますが、具体的にはどのようなスキルが必要になるのでしょうか?

 

今回は、レクリエーション介護士に必要なスキルについて紹介します。

 

コミュニケーション能力が必須!

レクリエーション介護士の仕事を行う上で重要と感じているのが、コミュニケーション能力です。

 

レクリエーション介護とは、レクリエーションを介護現場に取り入れて、楽しみをもって介護をしようと言うのがコンセプトになります。

 

よって、相手が何を望んでいて、どのように喜んでもらえるかを計画するために、きちんと相手のニーズを聞き出すことが重要になります。

 

そのために、相手とのコミュニケーションを取ることが必要なります.

 

このコミュニケーション能力は、レクリエーション介護士の取得の上では問われませんが、実務をする上では絶対持っておく必要があります。

 

プロジェクト管理力が必要!

レクリエーション介護士を実務で行う上では、プロジェクト管理力が問われます。

 

レクリエーション介護の一通りの流れを説明すると、相手のニーズを聞き出してそれを基にレクリエーション介護の計画を立て、それを実践することが必要です。

 

この一連の流れを以下に計画通り実施できるかが、この仕事が成功するかどうかのポイントになります。

 

当然、一人で全てを実施できるわけではなく、職場の仲間と共同で仕事をすることになります。

 

一連の流れ=プロジェクトと考えて、レクリエーション介護士はリーダーとして進捗をトレースする必要があります。

 

よって、ある程度のリーダーシップも必要ですので、高いスキルが求められています。

 

改善も必要!

ひとつのプロジェクトを成し遂げた時に、より質の高いレクリエーション介護をしようとした時に、プロジェクトの振り返りをして問題点を改善する必要があります。

 

場合によっては、事業主に経営的な改善を求めることも重要になります。

 

それだけの権限が与えられる場合もありますので、より良い環境を求めて要求出来るだけの技量も必要です!