レクリエーション介護士|代表的な通信教育は?

最近注目の集まる資格として、レクリエーション介護士というものがあります。

 

その名の通り、レクリエーションと介護を組み合わせた資格として2014年に誕生したばかりの資格で、早くも多くの方がこの資格を取得しています。

 

レクリエーション介護士の主な資格取得方法としては、通信講座と通学講座が挙げられるのですが、今回は主な通信講座の内容について紹介します。

 

ユーキャンで資格を習得できる!

資格取得の通信講座でお馴染みのユーキャンですが、このレクリエーション介護士の通信講座をいち早くスタートさせています。

 

イラストを多く使用して、読みやすいテキストを用いて、すぐに役立つ知識を多く得ることができます。

 

また、レクリエーション介護士の資格制度を運営している一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会が全面的に協力して作成されているテキストですので、合格に最も近い講座と言えそうです。

 

また、テキストだけでなく不安な点について相談に乗ってくれるなどのサポート体制も万全であります。

 

費用としては、税込み・送料当社負担で35,000円となっていて、修了後に就職支援サイトの斡旋もうける事ができる点も魅力ですので、レクリエーション介護士の資格取得の上で最優先で利用したいですね!

 

ユーキャンでの資格取得までの流れは?

ユーキャンにおけるレクリエーション介護士資格取得までの流れについて紹介します。

 

まずは、送付されるテキストを基に自習スタイルで学習を行います。

 

DVDも付いているので、ビジュアル的にも楽しみながら勉強できるのは良いですね!

 

講座内で計4回の添削課題を提出する必要があります。

 

その後、最終課題として筆記試験が実施されます。

 

試験と言っても、在宅で受験できますよ。

 

筆記試験は、合計で60%以上の得点で合格となりますし、仮に不合格になっても何度でも試験をうけることができます。

 

通信講座の魅力は、自分のペースで学習できる点にあります。

 

今後注目されること間違い無しの資格ですので、是非とも取得してみてくださいね!