レクリエーション介護士|どんな職場に就職できる?

多くの資格が登場しては消えて消えている昨今、2014年に登場した介護系の資格であるレクリエーション介護士は、多くの媒体で取り上げられています。

 

このレクリエーション介護士は、介護を受ける側もする側にとっても過酷である介護において、レクリエーションの要素を採用して楽しく介護を受けようと言うコンセプトのもので誕生した経緯があります。

 

では、実際にレクリエーション介護士の資格を取得すると、どのような職場で働くことができるのでしょうか?

 

レクリエーション介護士の資格のメリットは?

まずはじめに、レクリエーション介護士の資格を取得することで得られるメリットについて説明します。

 

最大のメリットは、コミュニケーション能力の向上が挙げられます。

 

介護職では、被介護者とのコミュニケーションを確実にとりながら仕事を進めますが、レクリエーション介護士ではより濃密なコミュニケーションが必要となります。

 

例えば、その人にあったレクリエーションメニューを作るにしても、ヒアリングを元に趣味などの情報を入手してプログラムを組み立てます。

 

よって、知らないうちに人のニーズを把握できる能力とコミュニケーション力がアップします。

 

これは、仕事だけではなく人生においても重要なスキルとなりますよ!

 

資格を持っているとどんな職場に就職できる?

ここからが本題になりますが、レクリエーション介護士を持つことで介護系のお仕事に就くことができる可能性が広がります。

 

ただ、現状では残念ながらレクリエーション介護士を求人の募集要項としている事業所は皆無です。

 

可能であれば、介護系の他の資格と合わせて取得しておくと、引く手あまたになることは想像に難くありません。

 

少し見方を変えれば、レクリエーション系の業務を実施している会社への就職において有利になる可能性があります。

 

レクリエーション・インストラクターに類似したものと考えれば、意外と需要があるのかもしれませんね。